即日対応のスズメバチ駆除がアナタの命を救います

スズメバチ駆除を即日対応してもらって一安心

間違ったスズメバチ駆除の知識はかなり危険~正しい対処法~

子供が巣に近づきすぎてしまったら?

子供がスズメバチの巣に近づいてしまった場合は、以下のポイントに気をつけて対処しましょう。

慌てず騒がず落ち着いて行動しよう

  • 「カチカチ」という警告音が聞こえたら、すぐに逃げる。
  • 逃げる際にスズメバチを刺激しない。
  • なるべく低い姿勢を維持したまま、80メートル以上離れるまで逃げる。
  • すぐに逃げられないような状況の場合は、背を向けずに逃げる。
  • スズメバチは視界が狭く真下は見えないようになっているので、地面や草むらを這って逃げる。
  • 頭や首を刺されてしまうと、重症化する可能性が高いので、頭と首はしっかり守る。

スズメバチに関する誤った知識

間違った知識を持っていると、スズメバチ駆除をする際に、刺されやすくなったり重症化しやすくなったりしてしまいます。誤った知識や対策をしないようにこちらで確認しておきましょう。

よく間違われるスズメバチのこと

刺されたらアンモニアを塗る
これは根強く残っている間違った知識です。スズメバチの毒液は中性に近いので、アンモニアを塗っても意味がありません。口で毒を吸い出す、氷で冷やす、などの方法のほうが効果的です。
虫除けをつければスズメバチに刺されない
市販の虫除けは、蚊などの吸血性の虫を防ぐものがほとんどです。そのため捨て身で攻撃をしてくるようなスズメバチには全く効果がありません。ですから、虫除けをつけたからと言って巣に近づかないようにしましょう。
巣は翌年も使われる
スズメバチの活動時期は、春から夏にかけてです。そのため秋になると大きな巣でも空になります。1度空になった巣がもう1度使われるということはなく、女王バチが1頭で巣作りを再度始めるのです。

TOPボタン