即日対応のスズメバチ駆除がアナタの命を救います

スズメバチ駆除を即日対応してもらって一安心

簡単にハチの巣を駆除できる絶好のタイミング~初期段階がオススメ~

ハチの巣は初期段階が駆除のチャンス

蜂の巣

ハチの巣を安全に駆除するには、駆除のタイミングが重要です。巣が大きくなってからでは自分で駆除することは難しくなってしまいます。ハチの活動が活発になる前に駆除を行なうなら2つのポイントを押さえておきましょう。

POINT1~巣作りが始まる時期と巣作りにかかる時間~
ハチが巣作りを始めるのは、5月頃です。それから3ヶ月~4ヶ月ほどかけて、巣をどんどん大きくしていきます。8月、9月頃が最も巣の大きい時期で、10月になると新しい女王バチも誕生します。そして、オス蜂が誕生して巣を離れていきます。残った働き蜂の役割は終わり、冬になると全滅します。
POINT2~ハチの巣は小さいうちに駆除しよう~
ハチの巣を駆除する最も良いタイミングは、初期段階です。巣作りを始めて、1ヶ月程度は女王バチと幼虫しかいません。そのため簡単に駆除することができるのです。働きバチが多くなり、巣に危険が及ぶと攻撃を仕掛けるようになります。ですから、巣が小さい内に駆除しておくべきなのです。初期段階なら自分で駆除することも可能ですが、業者に依頼したほうが迅速に、なおかつ安全に駆除できます。

ハチの巣を駆除した後の注意点

巣があった場所に近づかない

ハチの巣を駆除した後は、女王バチは新しい巣を作るためにその場所から離れていきます。働きバチは、帰巣本能があるので、巣を駆除した後も周囲を飛び回ります。この時に注意しておきたいのが、絶対に近づかないことです。巣がなくなり、攻撃的になっているので、近づくだけで刺してくることがあるからです。巣がなくなると成虫の栄養源もなくなるので、その場所を離れてそのままどこかへ行きます。ですから近づかずに、いなくなるまで放置しておくのが賢明でしょう。

TOPボタン